2002年 4月28日WHF有明

うさPハウス 自称セラムン10周年フィギュア展の様子
 

 まずパンフレットを開いて1ページ目。これなんだよな。相田のバカぶり炸裂なヤツがこれ。

さて、これがイベント当日のうさPハウスブースの様子です。展示のみの作品と販売を行っている作品を明確に区別するため中央部分を受け付け(物販スペース)、向かって右側を販売中の作品展示スペース。左側を展示のみの作品という風にしました。右手の展示スペース中央に見えるプレートが うさPハウスの看板なんですがさすがにこのスペースサイズだと小さすぎますね。そのとなりにA4サイズで「セーラームン(まこちゃん?)10周年フィギュア展」の告知が貼ってあるんですがこれも小さいですね。パンフレットとかを見ないで会場を回っている方には何をやっているか十分に伝わったかな?
 (スペース全体の幅は1卓180センチ×4=7・2メートル。展示スペースは左右それぞれ3メートル幅となっています。)

 こちらが物販も行っている展示スペース(幅3メートル)。販売作品は16種類となります。02年3月のWHF名古屋、WHF神戸に参加した際の展示もほぼこれと同じような感じでした。
●上段
ジュピター2000、ヴィーナス、エターナルムーン、マーキュリー、マーズ、中学まこちゃん、制服亜美ちゃん、中学制服美奈子ちゃん、土萌ほたる、オープニグさくら(この作品は今回展示のみ)
●下段
エターナルジュピター、バニまこ、水着まこ3、ベルダンディー×2、スクルド2×2、ファイナルさくら×2

展示スペース右端で ミュージカルジュピターの発表を行っています。

 こちらが展示のみのスペースです。特に下段には相当懐かしい作品が、、、、。

●上段
1/6 セーラージュピター(スーパー+ノーマルなジュピター)、ハイスクールまこちゃん、水着美奈子、空手まこちゃん、ハイスクール美奈子ちゃん、ちび美奈子、クッキングまこちゃん、私服亜美ちゃん
●下段
水着まこ1、私服まこ、フィギュアスケートまこちゃん。春な私服のまこちゃん、ジュピターU、水着まこ2、ちびレイ、ちびまこ、冬な私服のまこちゃん、ジュピターHG

(展示作品はG−PORT製の市販キット以外全てWHFの仕組みに基づき展示のための当日版権を取得しました。)

(展示のみの作品側から全体をみるとこんな感じです。)

(スペース一番右端から眺めるとこんな様子。)

(会場画像提供 眞戸澤さん)


今回の セラムン 作品展示リスト 全30作品
原型製作は全て 相田和与。あなたの知っている(知らない)作品はいくつあるかな?もちろん今後も増殖します。   

1〜2 (94年7月  JAF-CON発表)

●水着の まこちゃん1 (木野まこと1 セラムンR 67話 海よ島よバカンスよ!戦士の休息 より)
 92年秋から番組登場のまこちゃんの水着登場はセラムンRになってからです。作画があまり優れない回ですがビキニな まこちゃんが拝め、相田が始めて自ら原型を手がけたまこちゃんということになります。この頃塗装した作品は質の悪い蛍光色を混ぜているので退色が進んで肌が大分白くなってしまっています。

●私服な まこちゃん  (木野まこと2=39話版の私服)

初登場は まこちゃん主役編39話(妖魔とペア?氷上の女王まこちゃん)です。 この衣装の魅力はカラーバリエーションが豊富なこと(見本は51話版のカラーリング)。スタイルの良いまこちゃんらしいデザインもナイス。また登場時は作画の水準が高のも嬉しい(作監は只野、香川、長谷川氏)。
3〜4(95年7月 JAF-CON発表、5 この頃、G-PORT製 セーラージュピターUの原型製作)
●フィギュアスケートまこちゃん (木野まこと3=39話より)

今でも印象深い無印シリーズ登場のスケートの達人まこちゃん。39話登場です。まこちゃんがスケートの達人ということを生かしたストーリがもっとあったら嬉しかったのですが、、、、。これはリメイクをしたいネタなんですね。

●春な私服の まこちゃん   (木野まこと4= セラムン R劇場版より)

R劇場版に登場。テレビシリーズにもその後、数回登場、カード関係にもよく使われ知名度も比較的高い私服です。変則的な座りポーズですがこういうのもいいでしょ。ちょっとボーイッシュな感じですが腰のリボンがアクセントになって可愛らしい感じもあります。ウインクさせたり,ポニーテールの表現にちょっと遊びを入れて楽しく製作しました。

●セーラージュピターU     (G-PORT製 市販キット=木野まこと5)

JAF-CON参加の実績と関係者の紹介もあってセラムンの市販ガレキをリリースしていたG社の原型製作をすることになりました。既に発売中のジュピターTがスタンダードな力強いポーズだったんで差別化を図るということでこういう風にまとめてみることになりました。
6,7、8(96年7月JAF-CON発表、9、この頃G-PORT製ジュピターHGの原型製作)
●水着の まこちゃん2 (木野まこと6=セラムンSS144話「きらめく夏の日 潮風の少女亜美」より)
 セラムンS編には登場しなかった水着姿のまこちゃんも幸いSSでは登場。ハイレグでないのでアピール度が低そうに見えますが実は背中からヒップの露出度がかなり高かったりします。作り易さを考え、「普通こんなパーツの分割の仕方しないよ。」って感じのパーツ構成(水着の上は腕から頭部まで一体)になっていますので、その辺にも注目してくれると嬉しいです。R版の水着をキット化した時は「ビキニでちょっとはじらう  まこちゃん」といった感じにしたのですが、今回は「ちょっと大胆な まこちゃん」という感じです。
● ちびまこ (木野まこと7 SS劇場版より)

劇場版SSオープニングに登場するラブリーな まこちゃんですがこの年でバラのぴあすをしているのはなぜ???相田がこんなラブリーなまこちゃん を作らないわけがない。でもみんなは欲しくないかもってちょっと不安でした。ところが うさP作品の中では上位に入るヒット作品になりました。

●冬の まこちゃん (木野まこと8  私服セラムンS劇場版オープニングより)

  映画って絵が綺麗だから良いよネ。S劇場版のオープニングでみんなと楽しくショッピングといったシーンで登場です。ロングブーツにミニ(ショートパンツ)とマフラーという冬場の定番ファッションが気に入りました。待ち合わせの友達(彼氏?)を見つけて手を振っているといった感じにしてみました。このキットはかなりの部分が一体で成型されていて大変塗装しにくい作品になってしまいました。そういったネガティブな面もあり再販をしたことがありません。

●セーラージュピターHG(G-PORT市販キット=木野まこと9)

 これはスーパーセーラージュピターのことです。G社からはマーキュリー、マーズ、ビーナスのスーパー仕様は発売されていないんですね。実は当時プロ原型師的にはセラムンはあまり魅力的に写っていなかったらしくメーカーも強くプッシュしなくなっていました。その結果、ほっといても勝手に まこちゃんを製作する相田のジュピターのみが商品化にまで唯一漕ぎ着けたという、、、、、。 この4年後、同スケールで うさP版 スーパージュピター(ジュピター2000)を発表することになるんですが見比べると感慨深い物があります。

10、11、12(97年7月 JAF-CON 発表)

●1/6ス−パ−セ−ラ−ジュピタ−(オプションパーツ付きの DXジュピターもリリース=木野まこと10)

 うさPハウス初の1/6作品です。本来正規商品としてリリースされるべき1/6ス−パ−4守護神のキットは一切発売されず。相田は まこちゃんだけはせめて自分で作ることにしました。まこちゃん5年間ご苦労さん記念ア〜ンド、セラムン復活祈願作品です。(この年2月、TVシリーズは終了しました。)

この作品のコンセプトは,カッコよくてかわいい=「かっちょわいジュピタ−ちゃん」です。正規商品が1/6で存在すればもう少し片寄ったコンセプト(ブリブリかわいいとか)で製作したでしょうが今回はあたり前の線を狙いました。とらせたポ−ズの関係上,また,まこちゃんらしさ(大らかさ、包容力、スタイルの良さなど)を表現する上での必要性から前高33cmにまでなりました。この大きさなりに必要な表現も当時としては十分にしたつもりです。相田のまこちゃんモデリングの集大成です(当時「このジュピタ−を越えるジュピターは次に相田が造るジュピターだ。」とずうずうしくも吹いていたらしい。)DXはにス−パ−化する前のジュピター用のパーツをセットしたもの。一部パーツを接着しないで取り外し式にすればノ−マル,ス−パ−共に楽しめます。

●ハイスクールまこちゃん(木野まこと11)

SS編のころ正規商品の1/8シリーズのリリースは著しく停滞していました(結局、エターナルもスーパー4守護神も揃わず。これが後の相田のラインナップに大きく影響)。 まこちゃんは相田の愛ゆえ(←恥ずかしい〜!バカ)当然セーラースターズ編登場の高校生版もリリース。

 夏服にしたのはイベントが夏なのと夏服のほうが露出度が高いから。それとスターズ唯一まこちゃん主役編の御料理番組に出演した話(実は主役ではない)が夏服だったから。

● 水着の 美奈子ちゃん(愛野美奈子 水着 スターズ版)

「おまえはまこちゃんさえ造っていればいいんだよ!」、とかの非難があるかと思ったら大変喜ばれた相田のまこちゃん以外のセラムン作品第1弾。実はセラムンのキャラはみんな造りたいのです。また,他のキャラを作ることで自分の芸の幅(?)を広げたかったのです。

13〜17( 98年7月 JAF-CON発表)

●まこちゃん 水着3 (木野まこと12)  

●空手 まこちゃん (木野まこと13)

さて,この2点は全く無関係な作品ではありません。セラムン夏のバカンス編コレクションなのです。

S編では水着の代わりに道着での登場なんです(Sでは水着登場なし)。この話(第105話「(力)パワーが欲しい!まこちゃんの迷い道」)はまこちゃん主役編で作画も内容も良好なので相田的には必ず作るつもりの1品でした。ユーザーの皆様方にあらせられては,これが必要不可欠なまこちゃんかどうかは分かりませんが家に帰ってビデオ見かえして「やっぱりまこちゃんっていいよな。」って最確認してくれる方がいらゃっしゃれば相田はとっても嬉しいです。まこちゃんのりりしさが十分表現できていれば良いのだけど。今にして思うとジュピター2000のキットに付属させた「怖い顔」も付けたほうが良かったですねえ。

水着物は伝統的に需要が高いようで,これは要望がかなりありました。STARS版はワンピでなくセパレートなので作ってて結構楽しかったです。普通に見る分にはあまり露骨にならないようにしたつもりですが,胸まわり(谷間,脇)の表現には相田さんの煩悩が入りまくっています。判るかな?

両作品とも私がまこちゃんを作るときのテーマでもあるポニ−テ−ルの表現には注意を払ってみました。空手の方は強そうな感じ,水着の方は柔らかい感じを表現してみました。

●ハイスク−ル美奈子ちゃん(愛野美奈子 2)

前年に続く美奈子ちゃん。当時既にセラムンは各キャラ毎にユーザーが分化していたようで,従来の相田作品(まこちゃん,ある程度固定ユーザーがいる)を買ってくれてる方がそのまま美奈を買ってくれるわけではありません。ですから,まこちゃんに比べると売れ行きはかなり鈍いのでは?っと思っていたのですが、どうやら想像以上の人気キャラだったようで、、、、、。

、少女漫画の主人公のような美奈子ちゃんがコンセプトなのですがどうでしょうか?ちょっと、よそ行きの美奈子ちゃんって感じが表現できていればいいのですが。

(この作品は01年に改修され 中学制服 美奈子として販売されています。)

●水野亜美 学生服 (水野亜美1)

遅かれ早かれ亜美ちゃんは作るつもりでした。そう,相田さんはまこ亜美の人なのだね(同人誌を多数所有?)。大人気の亜美ちゃんも、そろそろ造る人が少なくなってきているようだし,こっそりと(?)造ることにしました。まこちゃんの横に並べる亜美ちゃんが欲しかったしね。この作品は少しの加工で中学校バージョンとして製作できるようになっています。

●ちびレイちゃん(火野レイ1・ 7歳?バージョン)
SS劇場版登場の ちび レイちゃんは5人の中でも実は製作が一番大変です。晴れ着の模様どうするの?ってこと。着物の模様は原型にモールドしています。はっきり言って大変でした。スジ掘りきら〜い!付属のカラーガイドとモールドに合わせて塗装します。

18〜22( 99年7月JAF-CON発表)

●エタ−ナル・セ−ラ−ム−ン
劇中のエタ−ナルセ−ラ−ム−ンの翼は作画上の手間を軽減するためか非常に簡略化されたデザインになってきます。そのまま立体にすると間延びしてしまって良い感じになりません。また絵的にも不満があったのか武内直子先生による原作コミックでも途中からム−ンの翼のデザインは大幅に変えられました。相田も立体として映えるようにデザインをいじりました。ただし、もとのデザインのシルエットは尊重し、SS編に登場したペガサスの羽のデザインを参考にしてまとめベルダンディーなどが背負う典型的な天使の翼は避けました。

また後に繋がる相田のセーラー戦士=女神、仏、菩薩信仰(???)はこの作品からはじまりました。戦士というよりは「不浄な物を浄化する女神」的なものをイメ−ジ製作しています。翼のある分女神チックな感じは表現しやすいのですがこの辺を強調したくて、翼や髪の毛を透明のレジンで成型してみました。

 こんなコンセプトだからあまり派手なポーズは取らせられないのだけど,羽や髪の毛の流れで優雅さは表現できたかしら?劇中ではほとんどの場合、長さの短いロッドを手にしているのですが、優雅さを強調するため長尺の物を持たせることにしました。瞳の塗装次第で雰囲気がかなり変わると思うけど品のある優しい感じを出せていれば良いのですが。 塗装は美しい高貴な雰囲気を出したかったのでメタリック、パ−ルカラ−を使いまくっています。

  クッキングまこちゃん(木野まこと14)

お料理の達人という側面を持つまこちゃんです。エプロン姿のフィギュアも必要不可欠ですね。劇中に何度かエプロンをしたまこちゃんは登場しますが、このデザインは「セラムンSS 劇場版」に登場したものです。

●パーティードレスまこちゃん(木野まこと15)  
セラムンSS147話「運命のパートナー、まことの純情」まこちゃん主役編に登場したドレスのまこちゃんです。作画も まこちゃんファン御ひいきの香川久氏ですね。長身にロングのドレスが実に映えて素適です。持たせているバラの花は劇中には登場しない相田オリジナルですがなかなか良いでしょう?
●セーラーヴィーナス  (愛野美奈子3)  

 スーパーセーラーヴィーナスです。G社から正規商品が発売されなかったことを踏まえオフィシャルな商品風の作品を心がけました。また薄っすらとですが「相田製 元祖セーラーチーム5人を揃える」ことを意識していたようで5人の並びを考慮したポージングを実はしていました(5人揃ったのは02年まで待つことになるのですが)。
●ちび 美奈子 (愛野美奈子4)

 劇場版SS登場、ちび美奈子。アイドル志向は子どもの頃からのようでオープニングシーンでTVの画面のアイドルに合わせてオタマをマイク代わりに

23 00年2月 WF 発表
● ス−パ−セ−ラ−ジュピタ−(木野まこと16)  
 ミレニアム企画の通称ジュピタ−2000。新千年紀を迎えても色あせないジュピタ−を目指して作りました。ポニ−テ−ルや腰のリボン、もみあげなどの流れを考え颯爽としたかっちょいいジュピタ−の製作を心がけました。基本的に相田はジュピタ−ではなく まこちんにこだわっているのでジュピタ−自体は頻繁に作ってはいません。でも何年かに一度作ることになるジュピタ−は数年の技術の積み上げが感じられるように作ろうと心がけています。次のジュピタ−が作られた時、是非比べてみてください。オマケパーツとして「怒り顔」パ−ツが付属しています。また、相田の煩悩入りまくり(?)の表現を一部に。

24 00年7月 JAF-CON発表

● 土萌ほたる水着(ほたる1)
ここ数年,まこちん以外のキャラへの浮気(?)が目に付く相田が新たにチャレンジしたのがなんと「ほたる」。しかもベタなことにサターンではなく水着...。ほたりんはTVシリーズへの登場が秋だったため劇中では水着姿って登場しません。しかし,武内直子センセのセラムン原画集には水着姿もちゃんとあるのね。で,これを参考に製作して版権取得に成功しました。ちょっと幸薄い雰囲気の強い作品になりましたが,セラムンSの頃の雰囲気(幸薄そう?)を尊重しています。

25 00年 8月 WF発表
●水野亜美 私服 (水野亜美2=セラムンSS 151話 真のパワー爆発!亜美心のしらべ より)

 この衣装はセラムンS編から既に登場していますがSS151話主役編での登場が印象深いでしょうね。ショートヘアーの亜美ちゃんがチョーカーをしていると何かエッチ臭くてドキドキ、、、、、、(バカ?)。で、ですね、単体の亜美ちゃん作品としていうよりはクッキングまこちゃん と一緒で「仲良しな まこ亜美風」な感じにしてみようという裏コンセプトで製作しています(実はスリッパが色違いでお揃いだったりする)。クッキングまこちゃん ともども再販のタイミングを狙っているのですが、、、、、、。

26 01年2月WHF有明発表(中学美奈子は改修版なので27としてカウントしません)

● エタ−ナルセ−ラ−ジュピター(木野まこと17)
世紀末作品がジュピターなら新世紀を飾る作品もジュピターだろうってことで製作。ってことでセーラージュピター最終形態エタ−ナルセーラージュピターを製作しました。これは以前エタ−ナルセ−ラ−ム−ンを製作した時から企画していた作品です。エタ−ナルジュピターはTVアニメに登場しない原作コミックオンリ−ののキャラなので果たして版権は取れるのか?宙に浮くことにならないか?かなり不安だったのですが,実は割とあっさり版権はコミック原作版として取得できてしまいました。こちらの作品はジュピター2000が「動」ならば「静」と言う感じで製作しています。イメージ的には戦士というより「天使」「女神」「菩薩」といった存在を意識して製作しました。相田のような煩悩にあふれた下品な人に似つかわしくないテーマですがどの程度表現できたかしら?

● 愛野美奈子 中学生服(高校制服版の改修、学生服Ver1.5という感じですね) 
TVシリーズの再放送を意識してかつての高校生版を改修しました。実はオプションパーツを付けてありまして,少々手を加えれば十番高校の制服としての製作も可能となるようにしてあります。 

27 01年 7月 JAF-CON発表

●バニーガール まこちゃん (木野まこと18) 
 なかなかこういったアニメに登場しないような衣装の版権許諾は難しそうな気もしたのですが、原作コミック4巻において武内直子センセによって描かれた元祖セ−ラ−チ−ム5人のバニ−ガ−ルイラストがあるのですね。まこちゃんのようなスタイルの良いキャラがバニ−ガ−ル姿になると相当きわどく、原型製作者が相当の煩悩の持ち主に見えるのが不思議です。はたして他の4人の商品化はあるのか??????スーツの境目で分割していますので組み立て塗装はしやすいと思いますよ。

28 01年8月WF発表
●セーラーマーキュリー
 (水野亜美3) 
ようやくセ−ラ−マ−キュリ−です。これはですねえ。オプションパ−ツ満載のスペシャルキットなんですよ。原作コミックにしか登場していないマ−キュリ−のアイテム「マ−キュリ−ハ−プ」が付属します。ポケットコンピュ−タ−もモチロン付属します。そして顔パ−ツが何と3つ(スタンダ−ド、笑顔、瞑想)付属するのね。

29 02年2月WF発表

●中学制服まこちゃん(木野まこと19) 
 実は10周年記念モデルだ。原点に立ち返ってスタンダ−ドな まこちゃんなわけですが相田がこの衣装を手がけるのは初めてだったりします。雰囲気としては相田の近作まこ(エタ・ジュピ=高1以上)に比べると等身が低めですが、初期設定(中2)より等身が高めになっています。以前製作した制服亜美、美奈子が高校1年もしくは中学3年(卒業前)って感じなんですがそれに合わせて製作しているんですね。

 今回の作品はロングスカ−トなんでコスト的にちょっと辛いんですが、おまけの顔パ−ツ付けちゃいました。それから今回、製作のしやすさ追求の一環で髪の毛の分割を変えました。塗装時のマスキングが不要になります。これで少しでも完成しやすくなれば。

30 02年3月WHF名古屋発表
●セーラーマーズ (火野レイ2) 
10周年にして相田製元祖セーラーチーム5人揃い踏み〜。マーズが出来ました。お札を生かしたポージングを心がけて製作してりりしいレイさまを目指しました。マーズの赤はイメージよりも明るい赤を心がけて塗装した方が良い感じになると思いますよ。

そして木野まことコレクションはこの夏NO20。ミュージカルな ジュピターです。02年8月WF申請中。

 トップページに戻る( back )

inserted by FC2 system