小悪魔?

1/6 木之本 桜 
 カードキャプターさくら
(こあくま したじき version

原型製作 宮川 武
(キット製作 相田和与)

 2000年夏のイベントでT’S SYSTEM よりリリースされた「カードキャプターさくら 木之本 桜 こあくま したじきVERSION」(販売価格9800円)です。相田がこのキットを購入したのは、何度か再リリースされた後の2001年2月開催のWHF有明4でのことでした。
 

 さて、「こあくま したじき」の名前の由来ですが、元になった絵が原作者CLAMPセンセの「CCさくら画集1」の特典付録の下敷きに使われた絵というところからきています。キットにはベース用に巨大なハート(さすがにムクではなく前後貼り合わせで内部は中空になっています。)ディーラー側の立場で物を言うと、「抜き代(キット成型費用)かかりそう、、、。」の一言です。うさPハウスじゃこの価格ではやれませんぜ。

 実は数ある宮川さくらの中でイベントものを購入したのは初めてでした。つーか、自分のブース放り出して会場直後に買い物に行くわけにはいかないので、「これーいーなー。」って思うものがあっても売り切れになっていたりするわけね。何度か再販していただけるのは相田的には大助かりです(実はこれも最後の1つだったのだ)。で、まあ実際に製作してみるわけですが,元になったイラストは比較的淡いタッチで模型の塗装でそれに近い状態を表現するとなると完全にフラット(つや消し塗装)となりそうです。事実、イベントでの完成見本もそういった線を狙った塗装となっていました。

 さて、どうするか?原画にあわせる?メーカー完成品に合わせる?いろいろ考えたのですが自分なりにやってしまうことにしました。使用する色そのものは原画に合わせるが、「色味」や「ツヤ」は自由にやってしまうことにしました。ここで妄想が頭の片隅をよぎります。「小悪魔」という淫靡な響き、、、、、衣装の色は「黒」。、、、、、「ボンテージ」風だ(笑)。

 黒の部分は思いっきりツヤ有りということにしました。黒塗装の上からクリアーをバンバン吹きツヤを強調します。ただしエリの部分だけはつや消しにしてあります。ハートの部分も思いっきりツヤ有りでやっています。

 さて、こうして出来た「木之本桜 小悪魔」。使用している色は色味はともかく基本的に原画に合わせてあります。でもそれとは大きく雰囲気の異なる作品になりました。結構素敵に仕上がって満足しているのですが「木之本桜 小学校4〜6年生」っことを考えるとこういった表現(そこはかとなくH臭い雰囲気が漂う表現)がOKかどうかはまた話が別っていう気もするのです。でも立体栄えする塗装にはなったでしょ?だめ?



 笑い話:このキットのさくらの頭部と相田原型のさくらの頭部を並べたら大きさが同じだった。
      (注:相田のさくらは1/8です。相田のさくらが頭身が低いってことね。)

もう少し画像をご覧になる方はこちら

展示室 入り口へ戻る(back)    トップページに戻る( back )

 

inserted by FC2 system