劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード より

木之本 桜 ラスト・バトル・コスチューム

相田和与 原型製作
 2001年 イベントリリース作品

原型製作者によるキットの製作レポートが追加されました。

2001年の夏のことになりますが、無性に「CCさくら」作品を製作したくなりました。この年の初めの頃から各アニメ誌では「劇場版 封印されたカード」の告知が盛んに行われかなり洗脳が進んでいたわけですが、夏に実際に映画が公開されると洗脳は決定的なものになりました。

 それで「オープニングバトルコスチューム」製作にいたったわけです。

 そうこうしているうちに、オープニングバトルコスチュームは2001年2月開催のWHF有明でのりリースということになりました。幸い作品への評価は良好で、同イベント内で行われたガレージキット人気コンテストでは一番の投票を集めました(第一位!!)。

 で、劇場版のもう一つのバトルコスチューム(現在まで映像化されたCCさくらのコスチュームとしては最後の物となります)製作へとなだれ込むことになります。

 今回のさくらの場合は前作の「お元気」といったコンセプトからは大きく変わって「女神性」を感じさせるような作品にしたいと思いました。ですからポーズ的にもかなり地味な感じにまとめることにしたのです。

 原型製作時の苦労ですか、、、。さくらは衣装が幾重にも重なり合っているじゃないですか。この辺が制作上最も大変なところですね。でも、最終的に出来上がって塗装する時のことを楽しみにがんばったですよ。

組み立て、塗装レポート

この作品に用いた
たパール塗装の技法を紹介しています。

この作品の塗装に使用した塗料「マゼンタパール」の通信販売

製作途中の原型や作品の製作コンセプトなどはこちらで紹介されています。

展示室入り口へ戻る

TOPページに戻る

inserted by FC2 system