1/8  ちび うさぎ 
    (ガキうさ)

  (月野うさぎ
 セーラームーン
SuperS劇場版
オープニング より)
うさこの部屋製イベント限定キット

原型製作 宮崎達也

 美少女戦士セーラームーンSuperS劇場映画版「セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡」のオープニングには子供時代(推定7歳)の元祖セーラーチームが登場します。小学校一年年にして全員ピアス?っていう不良少女(?)だったり、「この年で髪の毛がひざまであるのか美奈子?」とかデザイン的にはかなりむちゃくちゃな面もあるのですが、ファンサービスとして設けられたシーンに喜んだ人数知れず。

 で、尋常ではないまこファンの相田がここに登場するこのかわいらしい ちびまこちゃんを作るのは当然の流れだったわけです。1996年7月開催のJAF−CONXに出展するガレージキットとして「ちびまこ」を製作しました。そしてこの年、同じようにこのちびキャラを「うさぎ」で作ってきたのが、うさこの部屋の宮崎達也氏です。これがとってもよくできたキットだったので、相田の「ちびセーラーチームコンプリート計画」が始まってしまったのです。結局翌年(JAF−CON6で)うさPスタッフのGTOが「ちび亜美」を製作、JAF−CON7(1998年)で相田が「ちびレイ」製作、JAF−CON8(1999年)で相田が「ちび美奈子」製作となり、がきセーラーチームコンプリートとなりました。この間、宮崎氏にお願いしてJAF−CON7で「がきうさ」(宮崎氏命名)の再販も行ってもらったので、コンプリート計画に参加いただいた方は結構たくさんいらっしゃるのでは?

 さて、この「ちびうさぎ」はJAF−CONV以来セラムン(うさぎ)作品をリリースし続けている「うさこの部屋」宮崎達也氏の作品です。大変相田好みのとってもよくできた作品でスタンダードなセラムン作品としてだれにでもお薦めできる作品です。近年オリジナルフィギュアというジャンルで大変個性的な作品を発表されている宮崎氏ですが、愛情ゆえかセラムン作品では安っぽい原型師の個性と称する変な癖が廃された極めて手堅い作品になっています。セラムン作品製作時のコンセプトが近いこともあって、イベントでセラムン作品をリリースする原型師さんの中で相田が唯一ライバル視してきたのが宮崎氏です。ただ残念なことに2000年度には宮崎氏のセラムン作品は予定されていないそうです。

注:相田は個人的に宮崎氏と交流があります。目の敵とかじゃないからね。

大きめな画像はここに

 キット製作 相田和与

 

この作品に関してのご意見ご感想などがございましたら本BBSへ、または相田へメールしてください。

ブラウザで戻ってください。

 

inserted by FC2 system