1/6 セーラー・サターン
ミュージカル仕様

相田和与 原型製作
(うさPハウス イベント・キット)
03年8月 ワンダーフェスティバル 初リリース ガレージキット
(商品としては未塗装の組み立てキットになります。)

7月21日追加部分
7月23日追加部分

追加 サイレントなサターンの雰囲気を強調する顔のパーツを追加しました。

セラムン ミュージカルとは? 

1993年以来公演が続けられている「ミュージカル版美少女戦士セーラームーン」。1997年のテレビシリーズ終了後も途絶えることなく公演は続いており(2003

年夏現在)、レンタルビデオやTV再放送と同様にセラムンを伝承しつづける重要な役割を果たしています。
(内容的に必ずしも全てのセラムンファン向けではないのですが、現在も作りつづけられる新作のセラムンという意味では高く評価すべき存在です。)

 キットとしての仕様は既にリリース済みのセーラージュピターミュージカル仕様セーラーヴィーナス・ミュージカル仕様に準拠します。付属の特殊素材(画像はジュピターの場合))の多くはこちらでご覧下さい。セラムン・ミュージカルについてのウンチクもこちらでタレテイマス。
 
実際のセラムン.ミュージカルの衣装 をチェックしてみよう。   (企画協力 回転小町)
 このキットの製作の際に便利な道具を利用しました。詳細なレポートがこちらにあります

サイレント サターン 

沈黙が迫ってくる、、、、、、、、

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。



サイレンス・グレイブ


鎌の部分の塗装にアルクラッドUのリアルメタルカラー・「クローム・カラー」を使用してみました。性能を十分に発揮できると最もメッキ的な表現ができる塗料です。
http://www.powers-international.com/international/alclad/alclad.htm(販売元のHPでの紹介。使用方法もこちらのページをご覧下さい。)
ロッド本体は黒地にクリアー+パープル・パール粉(ボークス製)を吹き付けたものですね。
御顔はこんな感じです。

 髪の毛は「ブラックで全体を塗りつぶした後、「クリアーブルー+クリアーレッド(つまりクリアーパープルだ)+パープルパール粉(ボークス製)」を上吹き。
 
著しい勘違いがあるようですが ほたる やサターンの髪の毛の色は「黒」ではないよ。最終的にクリアー(MRカラーのスーパークリアーUかフィニッシャーズのオートクリアーがお勧め)を厚く吹いて表面を整えると良いでしょう。


  

顔が見えやすいようにサイレンス.グレーブを外した状態にしてみました。 
表情はあえて余りつけず、綺麗な感じにまとめてみました。見る角度や照明、見るときのそのときの気分その時の気分で さびしそうに、悲しそうに見えたり、はかなげに見えたり、破壊神な冷たい感じに見えたりするような微妙な線をねらっています。(全般的な傾向としてはやや上から見ると「冷たい感じ」、やや下側から見ると「悲しそうな感じ」にみえるような、、、、、、。)

 髪の毛のパーツは立体的に複雑そうな構成を狙いつつも極力少ない部品構成を心がけました。近年のセーラーサターンガレキは髪の毛のパーツを多数の部品で構成したがる原型師が少なくないのですが、少ないパーツでそれらと同等以上の効果を上げています。少ないパーツで固まり然とした髪の毛にならないようにしています。また、顔のパーツの組み込みは塗装後に行えます。顔のパーツを髪の毛のパーツに組み込み、接着線を処理した上で髪の毛の塗装をするといった手間(竜人サターンのパターン)はありません。

画像追加 7月21日

異なる塗装の仕方の髪の毛
ツヤありの髪の毛は綺麗なんですが照り返しなどの影響でパーツの形状などの把握がしにくいようですので「グラデーションをかけた艶消しの髪の毛」の画像を用意しました。こちらの方が落ち着いた感じで良いと思われる方もいらっしゃるでしょうね。
専用ベース(なのか?)
あわせて専用のベースを用意してみました。

レジンパーツ画像

 レジン製のパーツの構成(予想外のパーツ点数35点)。この他にミュージカルジュピターに準拠した多種多様なマティリアルが付属します(金ピカ表現の素材は全部キットにはじめから付いているのです。)

32〜35の板状のパーツにブーツの編みヒモが彫刻されています。板から削ぎ落として使用します。


 ●セラムンミュージカルに関する公式サイト

 セーラームーン公式ホームページ 
 バンダイ ホームページ 内


ここで紹介する作品に関してのご意見を承っております。BBS上でいただいたご意見はこちらのページ上で紹介させていただく事もあります。メールでのご意見についてはご希望いただけましたら非公開といたします。

 トップページに戻る( back )

inserted by FC2 system