1/8 木野まこと
 
(SuperS編 水着バージョン) 

    原型製作 相田和与
 
この作品はJAF-CON  5.〜6 (1996〜97)にてレジンキットとしてリリースされました。

                       

   
 

  

 この水着はSuperS編、第144話 「きらめく夏の日!潮風の少女亜美」に登場しました。よりにもよって作画監督は悪名高きアンディー(安藤氏)だったので当然絵柄を似せようなんてことはこれっぽちも考えませんでした(暴言)。話しの内容は「亜美−慎吾」っていうそれはそれはオイオイなお話しで水着が出てくること以外特筆する点のないお話しです。全体にこのとき登場する水着のデザインも今一つといった感じですし。

 まあセラムンSでは水着での登場が無かったまこちゃん(そのかわり思いで深い空手のまこちゃんが登場したわけですが)が、SSでは水着でちゃんと登場したことを良しとしなければならないといった感じでしょうか。この水着はハイレグでなくアピール度が低そうに見えますが実は背中からヒップの露出度がかなり高かったりします。余談ですが、この背中からお尻にかけての露出度の高さのために版権監修に引っかかりそうになりました。お尻を見せすぎたとね。でも本当に設定でこうなっているのだもん。(最終的にはもちろんOKだったわけですが。)

 作り易さを考え、「普通こんなパーツの分割の仕方しないよ。」って感じのパーツ構成になっていますので、その辺にも注目してくれると嬉しいです(実は水着の境目に合わせて胸より上の部分が両手を含め一体で成型されているのです)。R版の水着(相田のまこちゃん1号)をキット化した時は「ビキニでちょっとはじらう まこちゃん」といった感じにしたのですが、ここでは「ちょっと大胆な まこちゃん」という感じをねらってみました。

(確かに後ろ姿かなり やばそう。でも本当に設定ではこうなっているんだからってば。いや、少しだけ強調したけど、少しだけね。)

 ブラウザで戻ってください。
inserted by FC2 system