製作室17
相田和与 原型製作
ベルダンディー 2
(1/8 コミック12巻タイプの水着)

 相田和与が久々に製作するベルダンディー2体目ということになります。ベルダンディー1体目がスタンダードなビキニタイプだったわけですが、こちらはかなり個性的なデザインとなっています。ツーか、妙にH臭いデザインなんですが、、、、、でもちゃんとコミック12巻に登場してきているオフィシャルなデザインに基づく物なんですね(つやありのブラックあたりで塗ってみたら強烈なものになりそうですな、、、、、、鼻血がでそう?)。 

一応近作のスクルド2と一緒に並べることを前提にしたポージングです。

画像は2002年7月21日開催、WHF横浜に向けて申請した試作状態のものです。この後、大幅に改良する予定です。

 さて、今回前髪の構成をベルダンディー1とは異なる形にして試作をしてみました。ベルダンディーの前髪というと大きな特色はハネ毛(ゲゲゲの奇太郎の妖怪アンテナ?最近の主な絵柄では4本。)なんですが、こいつはフィギュア化の際に少なからず問題となります。ハネ毛の再現方法にはいくつか方法がありまして

1 キットに1本1本レジンパーツをつけ植える
2 前髪と一体化する
3 イベントキットでは良くあるパターンですが、付属させずアルミ板などを利用して自作してもらう

が基本パターンです。

 相田の前作ベル1の場合は1に近いもので5本のハネ毛を1本、2本一体×2=合計3本植毛の形を取りました。ただ実際には1/8スケールでは強度的に問題があり、相田がイベントで主に展示している完成見本では付属パーツを使用せず3の方法を取るというなんだかな〜ということをしています。

 で、今回なんですが現時点では2の方法を試みています。完成品製作時の負担が減って製作しやすくならないか期待してのことです。

、、、、、しかし実際に問題がありそうです。強度を考慮して製作していった結果、かなり太い物になってしまっているんです。繊細なキャライメージからかけはなれたごっつい感じです。画像の物は「版権審査に間に合わせる」ため細部に手が入っていない(髪の毛などはシルエットこそ出しているが彫刻は入っていない)のでこれからもう少し繊細に見えるように調節するのですが、さてどこまでうまくまとまるか????

 今後の課題
●前髪のハネ毛のごっつい感じを何とかしよう。
●お尻の肉付きが良くないぞ
●ビーチクの浮き出方が何ですので、、、、目立たないように調節しよう。
●ポニテはもう少し大きくした方が良さそうかな?

ここで紹介する作品に関してのご意見を承っております。BBS上でいただいたご意見はこちらのページ上で紹介させていただく事もあります。メールでのご意見についてはご希望いただけましたら非公開といたします。

製作室 入り口へ戻る(back)   

 トップページに戻る( back )

inserted by FC2 system