レポート4
 さて、いくつかのちょっとした自作ツールを紹介してみました。道具というのはいろいろと市販されている便利なものもありますが、いろいろと独自に工夫してみる余地はあると思います。実際に作業をしている際に作業がしにくい、効率が悪いと感じることがあったら、どうしてなのか?どうしたらいいのか?など考えてみてください。ちょっとした工夫で作業性は大幅に向上するはずです。

 実際、今回紹介した自作ツールのうちのいくつかは実際類似品が商品として販売されていたりします。細部磨き用に「棒の先に耐水ペーパーを貼り付けた道具」がプロホビーから発売されている。厚手のボール紙に耐水ペーパーを貼り付けた道具なども販売されていますが、自分の製作するキットに合わせて独自に作った方が使いやすいでしょうね。


(市販の道具にこんなのがあります。上は小さく切り出した 耐水ペーパーを先に取りつけたステック。下は耐水ペーパーを貼り付けた厚手のボール紙)

 追記 スポンジ・ペーパー(やすり)=住友3M製品に関して

 近年比較的メジャーな表面処理アイテムとして利用されるようになりました。販売ルートにより少々価格が異なりますがなかなか使えるアイテムです。ただし面に馴染むという特性を十分に理解しておかないと、レポート2で指摘したような問題が生じるので注意が必要です。この辺の問題の解決は比較的容易で、スポンジペーパーを適当な大きさにカットして「消しゴム」「プラ板」などに貼り付けて「当て木」をした状態で利用すれば面に馴染みすぎる欠点を緩和させることが出来ます。パーテイング・ラインの状態が良好(段差が小さい)パーツの場合はこれで問題は無いと思います。また本来、面に馴染むことはこの素材の利点で、比較的粗めのペーパー類でパーテイング・ラインを消した後にスポンジペーパーを表面に馴染ませながら磨いてやると比較的短時間で表面処理は出来ると思います。

 また細部の磨きを行う際に、スポンジ・ペーパーを小さくカットして「スパチュラ」「調色ステック」などの先に貼り付けて利用するのも良いでしょう。

 さて、、、、、、、

 今回いくつか紹介したツールですが、基本的なは「いかにして楽をするか?」と発想のもとに生み出されています。まあ当然細かいところの磨きもしっかりすると思うのですが、それよりは「楽をして短時間できちんとした物を作る」というのが理想なんですね。自分の思い入れの強いキャラクターのキットをじっくりと時間をかけて製作するのもいいんですがなかなか人間根気が続きません。効率良く作業を進めていくことが出来ればその分だけ「普段目が行き届かない細かいところまで気が回る」ようになります。こういった余裕がもう一段上の完成品の製作につながるんじゃんじゃないかと思うんですね。


 とりあえず、概ね今回最低限取り扱いたかった項目は網羅できたと思います。一つ一つは微々たるものだとは思いますが、これらをうまく組み合わせて利用する、また同じような発想で自分の使いやすい道具を工夫してみることで、キットを作るより楽しみがより広がるんじゃないかと思います。
参加されたお二人からコメントをいただきました。

たけ坊 氏

 「 お蔭様でそうとういい勉強になりました。いかに僕がガレキ(フィギュア?)に不慣れ
な人かお分かりになったかと思いますが(笑)   やはり他人様の作業の仕方(方法)なんかも知っておかないと、自分流はどこまで良くてどこまでダメかっていうのがわからないですから。考えてやらないとダメっていうのがよ〜くわかりました。いままでなんにも考えないで漠然と作業していたというか。。。(ただそれで苦にならなかったからそうしていたのかも)  道具、工具もいろいろ工夫されてたのがすごいなって思いました。消しゴムは知っていたのですが、なぜそうした方法をとっているのかっていうのは知りませんでした。お話し聞いて「なるほどぉ}と納得しました。   あと、塗装関係?もいい勉強になりました。いままでマスクゾルはグンゼでいい思いしていないのでそれっきり手を出していなかったのですが、もう一度使ってみるかな?ってかんじになりました。(こんどはモデラーズかな)
 
製作ノウハウならヘタな雑誌ライターより相田さんのほうが知ってるんじゃ?みたいな気がしましたよ。 HPコンテンツに載せるみたいですが、他の人にもかなりいい勉強になると思います。(目からウロコです)   またお時間取れるようでしたらこのような勉強会?みたいなこと開催されることを希望しますが。。。今度は塗装編で。

弐気筒 氏

 昨日は遅くまで色々と教えて頂きありがとうございました。    自分では気が付かない所を色々と指摘、指導して頂くことによって、 今の自分に足りない所がはっきりしたり、色々な身の回りの物を使って楽に作業するなど、 とても参考になりました。    普段ガレキを作業する上で、中々他の方との意見をする機会が少なく、 又実際に機会が在っても、大体は悪い意見が出ないことが多いので、 作業を見てもらって、的確な意見を言ってもらうことが、とても良かったです。    又次回、別の内容(塗装方法希望)で企画がありましたら、ぜひ参加したいと 思いますのでその時はよろしくお願いします。    内容の無い乱文となっており恐縮ですが、これにて失礼致します、 この度はありがとうございました。   ---------------------------


  さて、今回の講座より「塗装」にまつわる講座の方が要望が多く受講者が集まり易いと思います。ただまあ、これは設備面の問題(現実的に同時に数人が塗装作業を行うのは困難なんで相田の実演の見学会にしかならない)、時間的問題(塗料は直ぐに乾かない)もあるので難しいかなあ?あっ、相田が瞳を描く作業を一つ見せて受講者にまねさせるってカリキュラムなら3時間ぐらいできるし、エアーブラシ塗装じゃないからスペースも取らないか!(と言っても相田は別に目描きの達人じゃないんだよなあ。)

この項目 終わり

ブラウザで戻ってください。 

 

 

 

inserted by FC2 system