1/144 ザク.ウォーリア(ミーア.キャンベル仕様?ってか、商品名はライブ・コンサートバージョン)
ネタアニメとしての抜群の面白さを誇る(悪意100%)ガンダム種運命より

バンダイのガンプラをサクサクと作ってみました。商品の種類としてはHGという部品点数も関節可動部も多く部品ごとの色分けが多く色を塗らずにそれなりに見えるというあれですね。

 かなり奇をてらった商品なためかお店では結構売れ残っている印象がありますね。完成品モデルだったら反応もかなり違ったのではという印象ですね。
   

( 画像をクリックすると大きな画像が出ます↑ )モノアイ部分は市販の自作アクセサリー部品を使ってみましたがかえって目立たなくなったかも。

設定の印象だともっと腰高な感じでモモを延長工作したりするのが良さそうですがとりあえず手間をかけないで製作しました。
 一応
●設定にないパーツの接着線は処理する事にしますが、

●塗装は手軽にすませることにしました。
 (目立たないパーツの裏側は塗装しない。サフ吹きや下塗りなどはしない。本体のピンク系の塗装はしていますが、関節部などのダークグレイは塗装をせずに艶消しクリアーを吹き彫刻に墨入れをしたのみ。

 ただ、まあ、本体はパールカラーを上吹きしてクリアーを厚く吹いているので必ずしも手軽ではないような気もしたりして、、、、。

(画像をクリックすると大きな画像が出ます↑)

手のひらのミーアキャンベルは説明書に印刷された1/144ミーアキャンベルという印刷物を切り出したもの=すなわち平面
 

マーキングはデカールです。クリアー吹きによって完全に塗装面とデカール面は面一になっています。

 これが実際に存在する144倍の大きさのロボットと考えると極端な光沢仕上げというのはかなりおかしなものなんですが、ここまでばかばかしいカラーリングですので、まあ、良いのでないかと、、、、。
マーキング関係は付属のシールを使用せず、シールをスキャンして原稿として加工してALPSプリンターを利用して水転写式のデカールを製作しました。このサイズに拡大するとハロ.マークなどは中間色が印刷でドットとして出てしまっていることが見えてしまいますが原寸ではあまり気にならない、、、、、かな?マークは転写後、クリアーを厚く吹いて軽く研ぎだして面を均一になるようにしてあります・ 胸の「LOVE」のマーキングもALPSプリンターによる白印刷のデカールです。が、まあ正直なところ通常の印刷の仕方では印刷が薄く、かなり透けてしまうようです。ここはアルプスプリンターの特有のページ合成機能を活用して白印刷を3回重ねて色の濃い白を実現しました。
 ただ、まあ、手間がかかること以上に、印刷が均一に乗らなかったり、印刷がずれることがあったりとちょっと微妙な方法のようです。
 実はサフ吹きをして合わせ目の処理を十分に確認していないので結構合わせ目が残ってしまっている部分もあるのですがクリアーを厚く吹いて誤魔化している部分が多数あるし、パーツの隙間から塗装していない裏側の部分が結構覗いていいたりします。まあ、楽しく作れたから良しとしましょう。つーか、もっと大きなサイズでも製作したい気がするのですが1/100では発売されていないんだよな。他の仕様のザクをフル塗装して今回製作したマークを拡大すれば問題なくトライできるんですけど(笑) 今回の製作の際に経験したマークのスキャン、加工、デカールの製作は うさPハウスのキットにも何かと生かせそうですね。
展示室 入り口にもどる
この作品に関してのご意見ご感想などがございましたら本BBSへ、
または相田へメールしてください。

 

 

inserted by FC2 system